美白クリームを選ぶ際には、美白効果のある商品、自分の目的に合った商品、自分の肌に合った商品を選ぶ必要があります。配合成分を確認する、口コミをチェックするなど、選ぶ基準もいろいろあります。そして選ぶ基準の1つとして有効な方法がランキングを参考にするという事です。

では、顔用、身体用にそれぞれ別に、ランキング上位の商品を紹介します。

美白クリームランキングで上位の商品と美白効果が実感出来ない場合の対処法

顔用ランキング
顔用ランキングで1位は、「サエル」です。敏感肌、乾燥肌の人向けの美白クリームなので、肌に優しく誰でも安心して使用する事が可能です。目的としては、美白成分にビタミンC誘導体が配合されているので、シミの予防のシミの改善、どちらにも効果があります。

それから、美白ケアだけでなく、美肌ケアとしても優秀で、人型セラミドが配合されているため、肌の奥までしっかり潤い、保湿効果が非常に高いため、バリア機能が高まり、相乗効果で美白効果も高いと多くの人に支持されています。

身体用ランキング
身体用ランキング1位は、シーボディです。27種類の美容成分がたっぷり配合されているので、シミやくすみに効果があり、黒ずみ対策にもなります。通常の身体用美白クリームは、顔に使用する事が出来ません。ですが、シーボディの場合は、低刺激で肌に優しいクリームなので、顔にも使用する事が可能と記載されています。

美白クリームの美白効果が実感出来ない場合は

しっかり選んだつもりなのに、使用している美白クリームで、美白効果が実感出来ないと感じている人もいるでしょう。美白成分が配合されているのに、なぜ美白効果が実感出来ないのでしょうか?理由はいくつか考えられます。まず、保湿ケアが十分ではないため、肌が乾燥し、バリア機能が低下している状況の場合です。

肌が乾燥していると、美白成分が効果を発揮する事が出来ません。美白クリーム自体に、保湿効果があるクリームもありますが、そうでない場合は先に保湿ケアを行いましょう。また美白以上に、日焼けの進行スピードの方が速い可能性もあります。夏しか日焼けしないと思っている人も多いかもしれませんが、冬でも紫外線があり、UVケアをしていなければ、日焼けし、肌でメラニンが作られてしまいます。

いくら美白クリームに、メラニン抑制の効果があっても、それを上回るスピードでメラニンが作られてしまえば、美白しないのも当然です。なので、保湿ケアとUVケア、それに美白ケアはセットで行うものだと言えるでしょう。それから、美白効果がないと言っているのは、どれぐらい継続して使用している状態で言っているのでしょうか?もし1ヶ月で言っているのであれば、判断が早すぎます。

肌のターンオーバーのサイクルは28日です、さらにサイクルは加齢に伴い40日~75日とさらに回復までに時間がかかるようになります。シミやくすみは肌がダメージを受けている状態です。このダメージを回復させるためには、ターンオーバーで新しい細胞に生まれ変わる必要があります。

美白クリームランキングで上位の商品と、美白効果が実感出来ない場合の対処法

そのため、効果の有無を判断するのは、最低でも2~3ヶ月継続して使用して、初めて判断する事が出来るのです。もし、それでも効果がないのであれば、自分の肌には合わない可能性もあるので、別の美白クリームに変えて様子を見て下さい。加えて、血行促進、食生活の改善、肌のゴールデンタイムの睡眠確保など、肌にいい状態を保つために、生活習慣を改善させるなど、肌環境を整え、美白効果が発揮しやすい環境を心がけてみましょう。

文献>>トランサミンカプセル http://www.ntp-k.org/medicine/skin/transamin.html