対面式の占い師との相談の思い出

以前、職場近くのデパートの書籍売り場の奥に、日替わりでいろんな占い師の鑑定を受けられるコーナーがありました。書籍売り場を抜けていくと、小さい部屋がふたつある一角があり、受付をしてから空いている部屋のどちらかで鑑定してもらうスタイルでした。

色鮮やかな空

四柱推命やタロット、占星術などいろんな占いの占い師の方が常に2人いて受付もそれぞれがしておられました。書籍コーナーの奥といえども明るい感じで、お買い物のついでに立ち寄ることも抵抗のない感じです。

占いに行く、とくに占い師に診て貰うというのは誰でも興味のあることだと思います。でもそれがビルの地下にあったり、ちょっと寂しい雰囲気のする場所だったりするとさすがに女性一人では行こうという気にはなれません。

だから興味はあって行ってみたいけれど、怖い気がしていけないという人が私の周りにもたくさんいました。私もその1人です。

だからデパートの書籍コーナーの奥、という場所にあるこの占いの館はとても人気でいつ行っても誰かが必ず順番待ちをしていました。

何回か通うと、「何曜日の担当の占い師さんはよく当たる」とかいう口コミもでてきて面白かったです。実際に私も鑑定してもらった四柱推命と手相を組み合わせて占う占い師さんは、今考えると「当たってたな。」と感心します。

どの占い師さんも否定的な言葉を使った鑑定は一切しませんでした。「今は我慢のときです。」とか「もう少し努力しないとだめですよ。」とか鑑定してもらっているほうも前向きになれるような言葉が良かったと思います。

気になる鑑定料もびっくりするほど高いわけではなく、1人の時間は20分ほどですが充分に満足のいくサービスでした。デパートの改装に伴って、この占いの館コーナーは閉鎖されてしまいました。

気軽に鑑定してもらえるのがよかったので、残念でなりません。

関連記事

占い師が使うろうそく

電話占い師にそれぞれに得意な悩みのジャンルがあるようです

考え込む女性

電話占いの料金システムはどのようなものになっているのか確認しよう